在宅翻訳アカデミーを選ぶなら今である理由

在宅翻訳アカデミーを選ぶなら今である理由

このページを読んでいる人は、メインページを読んでくれてまだ迷っている人でしょうか。このページを読むくらいであれば、少なからず心は惹かれているということではないですか?それでも迷っているということは、背中を押してくれるものが欲しいか、ただ単に踏ん切りがつかないのか。

僕が最初疑いから入り、これは本物だと確信して受講するまでの過程はメインページで書きました。確信してからはさほど迷いませんでした。どうして迷わなかったか。それは「今しかない!」と思ったからです。その理由をお話します。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

新規参入者が少ない今こそチャンス

翻訳家が勝手にハードルが高いイメージにされているために、新規で参入してくる人が少ないということはお話しましたよね。

一方で、翻訳の仕事の需要は高まり続けています。翻訳家デビューすれば仕事が続々と舞い込んでくるでしょう。

早く参入して実績を積んでおけば、それだけ翻訳会社からの信頼度も高くなります。また仕事をこなすことによって、実力のさらなるアップも果たせるでしょう。迷っている時間がもったいないのは間違いありません。

学べる時間があるうちがチャンス

在宅翻訳アカデミーで1日1時間の勉強をする時間も取れないという人は、確かに今すぐ受講するのは難しいかもしれません。ですが、そのくらいの時間は取れるという人なら、今前に踏み出すときです。

なぜなら、本業がある人でもその本業がいつ危うくなるのか分からないご時勢ですし、副業として考えている人でも、この先何があるか分からないからです。

一度翻訳家になってしまえば、そのスキルは一生使えます。本業が無くなってしまった!という事態に陥ったとしても翻訳家一本で生活していくことは十分に可能ですし、副業として考えた場合でも、この先もし1日1時間の時間も取れない生活にもしなった場合、あのとき受講しておけばよかった…と後悔しても遅いです。

人生何があるか分からないからこそ、学べる時間がある今、決断すべきだと私は思います。

お金のことで迷っているなら、なおさら今

在宅翻訳アカデミーの学費が適正かという話は別ページでしました。今あなたが迷っている理由が学費のことなら、そんな人こそ今決断すべきかと思います。

なぜなら、迷っているということは今その学費を捻出することが不可能ではないということかと思いますので(そもそも払えない人は迷わないと思います)、そのお金があるうちに投資しておくべきだと思うからです。

この先何があり、いつそのお金が無くなるか分かりません。一方、そのお金を投資して翻訳家になっておけば、そのお金が無かったとしても、すぐに稼ぐことが可能です。

将来への投資をするなら今、ということは覚えておいてください。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ TOPページを見る