翻訳家デビューした人間の1日を大公開!

翻訳家デビューした人間の1日を大公開!

さて、疑いながらも在宅翻訳アカデミーで翻訳家デビューした僕です。

会社を辞めてから翻訳家一本でやっています。そんな僕の1日の生活を大公開!

します。

いや別に知りたくないし…なんて言わないでくださいねw

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

11:00 起床

一応、会社員だっところの名残+完全に夜型になるのはまだ避けたいので、11:00くらいにダラダラ起きます。ベッドでちょっとスマホをいじったりします。

12:00 カフェで食事~仕事

家の近くに、それほど混まないけどいい感じにおしゃれで美味しいカフェがあるので、ここで朝食兼昼食を摂取。食後のコーヒーを飲みながらPCを開き、仕事をダラダラ始めます。

15:00 散歩~買い物

ダラダラ始めたとはいえ、実際に始めた後は本気で仕事をします。何だかんだ人の役に立つための仕事なので、そこは僕の翻訳を読んでくれる人のことを考えて真剣にやります。

15時くらいでランチタイムもそろそろ終了。きりのいいところで退店。そのまま散歩しながら生活必需品や食料などを買うためにブラブラ。

18:00 仕事

帰宅して、本日のノルマ分の残りの仕事をします。基本的には1日合計5時間くらいと決めています。週休2日として週末は仕事はしません。まぁ、暇な時にしてしまうときもありますがw 仕事嫌いじゃないのでw

20:00 家事やテレビなど

掃除や洗濯などここでします。テレビとかも付けて時々休憩したりしながらダラダラやります。ここは仕事とは違い、本当にダラダラやりますw ただし、部屋はかなり綺麗にしてます。洗濯物も溜めたりしません。

22:00 晩酌の準備

ここから料理モードに入ります。全ては美味しいお酒のためです。

このために昼の買い物時にゲットしておいた食材の仕込み~調理をします。

けっこうこだわるので、場合によってはこの時間だけで数時間かかることもありますw

24:00 晩酌開始

用意した料理と酒で晩酌開始です。つまみの一環としてネットを見たり、DVDを見たりします。調子が良くなってくると、この時間が朝まで続くこともありますw

03:00~06:00くらいのどこかで就寝

酔っ払って眠くなった時点で寝ます。基本的には03:00くらいが多いです。8時間は寝たい派なので。

まとめ

いかがでしたか?自分でも、あまり自慢できるような生活ではないと思いますがw

社畜だった頃の自分が嘘のようです。

社畜だったころは、家を綺麗にする気力もなければ洗濯物も溜まりっぱなし。趣味だったはずの料理なんてどこへやら、コンビニ飯が主食でした。

今の人生、正直悪くないですw

在宅翻訳アカデミー公式HPへ TOPページを見る